スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top↑
バツイチおへんろ
皆様こんばんわ~☆

昨日の台風、すごかったですね・・・
首都圏直撃でしたもんね。
皆さんは大丈夫でしたか?

私は会社から自己判断で帰宅していい指令が出ましたので、
15時にそそくさと早退。

みんな楽観視してたのか分からないですが、他の派遣さんは誰も早退しないという。
(仲のいい先輩は家が近いんだから這ってでも帰れ!って上司に言われ帰れず・・・)

その後首都圏の電車は軒並み運転見合わせ。

3.11の時は帰宅難民になったのですが、今回は回避できましたよ。

しかし暴風で自宅が震度1ぐらいの揺れを生じるのですよ。
吹っ飛ぶんじゃないかと思いました・・・
read more...
スポンサーサイト
[2011/09/22 19:30 ] | 読書 | コメント:(0) | トラックバック:(0) | page top↑
明日の記憶
皆様こんばんわ~☆

今週に入ってまた暑さが戻ってきましたね・・・
寝苦しい夜を過ごしております。

さて、皆さんは通勤時間何してます?
寝てますか?携帯いじってますか?ゲームしてますか?
車通勤の人は音楽聴きながら運転ですかねw

私は通勤ラッシュで電車では座れないので寝る事ができず、
携帯をいじるにも通勤時間の大半が地下鉄なので電波は駅しか入らず。

ですのでipodで音楽を聞きながら読書をしております。

伊坂幸太郎・乃南アサ・荻原浩さんなどの現代作家さんの小説を読んでいるのですが、特に荻原浩さんの小説が大好きでよく読んでいます。
本格ミステリーからちょっと笑えるハードボイルド風探偵の小説まで、色々な作風?
を持っている作家さんです。

その中でどうしてもラストを電車の中で読めなかった小説があります。


『明日の記憶』


齢五十にして若年性アルツハイマーと診断された広告代理店営業部長の話です。

失われていく記憶、自分が自分でなくなっていく・・・
そんな彼をとりまくいくつもの愛・・・

ラストは決して残酷な終わり方ではなく、余韻を残す終わり方なのですが、
自分の中で例えようのない色々な思いが込み上げてきて、しばらく涙が止まりませんでした。


知らなかったのですが映画化もされていたみたいですね。
主演は渡辺謙

興味があったら是非読んでもらいたい一冊。
ただ、胸が苦しくなって色々考えさせられるので、そういうのが嫌な方にはあれかも・・・


この記事を読んでくれた方がいたら、オススメの一冊みたいなの教えてほしいですっ!


明日の記憶 (光文社文庫)明日の記憶 (光文社文庫)
(2007/11/08)
荻原 浩

商品詳細を見る
[2011/08/11 21:12 ] | 読書 | コメント:(6) | トラックバック:(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。